【人間関係は最大のストレス】職場の上司との人間関係に悩んだらしてほしい行動

人生で悩むことの多くは人間関係です。

特に社会人であれば職場での人間関係の悩みが多いのではないでしょうか。

RYO
RYO

今回は自身の評価や出世にもかかわる上司との人間関係の悩みを少しでも解消する行動をご紹介致します。

上司は選べない

会社は選べても上司は選べません。

良い上司にあたれば成長出来ますし、悪い上司にあたると不遇な時間を過ごすことになります。

良い上司にあたった同期はキラキラしているのに、悪い上司にあたった自分は・・・

なんてことを経験された方もいるのではないでしょうか?

明らかに職場の雰囲気が違ってきます。

完全に運です。

上司ガチャです。

外れくじをひいてしまった時にどう立ち振る舞えば良いのでしょうか。

私の経験談

私も外れの上司にあたったことがありました。

プライドが高く、優越感(陰に大きな劣等感)、高圧的、パワハラをしてくる人間でした。

仕事は全くできないのに偉そう、引き出しが少ない、職場の雰囲気を壊し、部下を精神的に追い詰め、退職させる上司でした。

そして自分には非がないと責任から逃げ、部下の手柄を自分の手柄にする様な人でした。

書き出せばもっとエピソードが出てきますが、キリがないので書きません。

ドラマ(半沢直樹など)に出てくるような、本当にこんな上司いるんだな、というレベルの上司でした。

私自身、若かったこともあり、この上司と対峙することになるのですが。

結果は散々。

精神的に追い詰められ、成果を出していても全く評価されないという不遇な時間を過ごすことになりました。

この上司とは3年間仕事をしましたが、最後の1年は相当に精神を削られた期間でした。

理不尽な言動や無視など、社会人とは思えないようなイジメといえる扱いをされました。

人生の中でも不毛な時間を過ごすことになりました。

この期間を過ごしたからこそ、自分はこの様な人間にならないと誓った出来事にもなりました。

上司との人間関係で悩んだらして欲しい思考

期待しない

まずは期待しないことです。

上司たちは過去、成果を出し、出世レースを勝ち抜いてきた優秀な人間のはず。

なので仕事も出来て人間性も良くて。

という期待を抱いていませんか?

残念ながらすべての人がそうとは限りません。

もしかしたら出世するために、社内営業に力をいれていたのかもしれません。

たまたま成果が出て、目立ってしまっただけかもしれません。

それでも出世したのですから強運の持ち主だとも言えます。

とにかく、出世した人間だから、全ての上司が良い上司とは限らないわけです。

どうしても上司に期待してしまいます。

上司は部下の事を評価してくれるだろう、成長させてくれるだろう、モチベーションを高めてくれるだろう。

そんな気持ちが少しでもあれば、全て棄てましょう。

上司も人間で、完璧な人間はいません。

人間誰しもが良いところ悪いところを持っています。

まず、上司に期待しない、という気持ちでいるのが精神的に楽になると思います。

成果を出す

会社で働いている訳なので、大前提として成果を出すことが大事です。

成果を出していなれば当然ですが上司から詰められます。

成果が出ていなくても、しっかり先を見据えて計画的に行動していることも大事です。

上司が嫌だからとモチベーションが下がる気持ちも分かりますが、自分の仕事はしっかりとやって成果を出すことは大事です。

自分の役割は全うしましょう。

変に気に入られようとしない

部下をえこひいきするようなタイプの上司もいます。

そのような上司に気に入られれば仕事はしやすいですが、嫌われればやりづらいものです。

その際、変に気に入られようとしないことが大事です。

上司と飲みに行ったり仲よくしたりして、仕事を潤滑に進める上では必要なコミュニケーションだとは思いますが、中長期的に考えて良くないと思います。

理由は、そのような上司と過ごす時間が長いと、自分も同じような人間になる可能性が高いからです。

そもそもがダメ上司という前提で話をしていますが、そのダメ上司の仕事論などを吸収することになります。

逆に心から尊敬できる良い上司であれば、過ごす時間を長くすることは必要です。

ダメ上司と同じ空間に長くいるのはおすすめしません。

自身も同じ感覚を養うことになります。

自分のやるべき仕事と向き合う

嫌な上司にあたるとモチベーションが下がります。

評価を下げられた日には転職サイトを開いたりなんてこともあると思います。

私もそういう時期がありました。

しかし、顧客からしたら社内の人間関係なんてどうでも良いんですよね。

「上司と関係が悪いんでやる気がないです。」

とか言われても「そんなこと知らないよ」となります。

やる気が無くなり、仕事の熱意も薄れれば成果も出なくなり、また上司に詰められ評価を下げるという悪循環。

上司との関係は辛いですが、その問題は一旦おいておき自分のやるべきことと向き合いましょう。

まとめ

上司も人間なので、いろんなタイプの上司がいます。

残念ながら上司は選べません。

上司によって自分の人生が大きく良くも悪くも変わる可能性があります。

もし上司との関係に悩んだら、職場内の先輩や同僚に相談することも大切です。

そして自身でも解決する方向に導かなければなりません。

よりよい人生を送るために自身の思考を少し変えるだけで世界が変わるかもしれません。

上司との対人関係の悩みを少しでも改善し、充実した人生を送りましょう!