【今注目の住みたい田舎】秋田県での暮らしについて ~5年住んで感じるメリット・デメリット~

コロナ禍で地方へ移住する方が増えているというニュースを見ました。

今後も地方移住は増えていくのでしょうか。

YAHOO!ニュースでも秋田の移住に関しての記事が掲載されています!

「住みたい田舎」大躍進の秋田市を徹底分析!コロナ禍の移住で重視される”あんべいいな”

https://news.yahoo.co.jp/articles/5741635a14e65567ff1183738a81ab34ae79b62c

RYO
RYO

私は東京出身ですが、転勤族で今は秋田県に住んでおります。

今後、地方へ移住を検討している方に、少しでも地方都市での生活感が伝わればと思い、記事を書きました。

こんな人に読んで欲しい

・コロナ禍で地方への移住を検討している

・地方暮らしに興味がある

・地方暮らしでの生活に不安がある

秋田県とは?

人口は約93万人。

県庁所在地の秋田市では約30万人です。

高齢化の進んでいる県ですが、秋田市ではそこまで高齢化を感じる事はありません。

柳葉敏郎さん、佐々木希さん、加藤夏希さん、生駒里奈さん、高橋優さんなどの出身地です。

菅前総理の出身地でもあります。

なまはげ、きりたんぽ、稲庭うどん、比内地鶏などは秋田を代表する物ですね。

日本海側に面しており、夏はしっかり暑く、冬は寒いです。

秋田県での暮らし

メリット

生活は全く不便ではない

県庁所在地に住めば人口も多いのでインフラはしっかりしています。

コンビニやドラッグストア、スーパー、イオンなどもあるので、生活に困ることはほぼありません。

優しい人が多い

地方に住むと人付き合いが不安、村八分などの話を聞きます。

県庁所在地に住めば、ほぼ村八分はありません(笑)

秋田の方は恥ずかしがりやと聞くことがありますが、あまり感じたことはありませんね。

子供と一緒に歩いていると、年配の方からよく声をかけてもらえます。

少子化が進んでいるので子供には優しいのでしょうか。

混雑が少ない

観光地や秋田駅周辺、イオンモールなどに行っても人が少ないです。

密にならないのがコロナ禍では良いのではないでしょうか。

飲食店でも行列になっているのをあまり見かけません。

(昼時などの混雑程度はありますが)

観光地に行っても待たされないのでストレスが無いのは嬉しいですね。

慢性的な渋滞もほぼ無いです。

通勤時間帯のオフィスや官公庁街は混雑しますが、全く進まないという訳ではありません。

しかし、真冬の積雪時は混雑します。

スピードも出せないので、仕方が無いですね。

冬はいつも以上に時間に余裕を持って運転しなければいけません。

子育てしやすい

秋田県は全国学力テストの上位になることが多いです。

教育がしっかりしています。

小学校では宿題が多く、親が大変という話を聞いたことがありますが、教育に熱心な県だという事ですね。

また、各エリアの市民センターには就学前の子供が自由に楽しく遊べる子育て交流ひろばがあります。

秋田市内では7か所あり、好きな所へ無料で遊びに行くことが出来ます。

親子イベント、ママ友交流イベントが定期的に開催されています。

移住してきて知り合いもいないという人でも、この様な場で交流を作ることが出来ます。

私の妻も、積極的に参加していました。

前述したとおり車の混雑が少ないので、こども園の送り迎えが楽です。

また、年配の方々から声をかけて貰えるので、子供たちも気軽に挨拶が出来るのは良い環境かと感じてます。

秋田ならではの美味しいものに出会える

秋田はきりたんぽ、比内地鶏、稲庭うどんなどが有名ですね。

どれも本当においしいです。

私が一番衝撃を受けたのが日本酒です。

今まではお正月に少し高い日本酒を飲んでだり、たまに居酒屋で安い日本酒が出てきて飲まされる程度の飲酒量でした。

しかし、秋田で日本酒を飲んだ時の衝撃!

美味しすぎる。

口当たりも滑らかで、スッと飲める。

今まで飲んできた日本酒は何だったのかと思うほどの衝撃でした。

それからはすっかり秋田の日本酒にはまっています。

デメリット

冬は辛い

秋田は11月の後半に雪が舞い始めます。

12月になるとうっすら積もったりしますが、本格的な積雪は1月~3月初旬です。

冬は空が灰色でどんより、日照時間が短くなり気持ちも沈みがちに。

風が強く、暴風雪になり、秋田市内でもホワイトアウトします。

(週間天気予報のマークが毎日暴風雪だったのには衝撃を受けました)

秋田市内でもしっかり降り、しっかり積もります。

私が秋田に来た際、不動産屋さんに積雪の事を聞くと「平均5cm程度」と言われましたが全くの嘘(笑)

一晩で軽く数十cmは降るときもあります。

雪かきが面倒

雪が積もれば車や駐車場の雪かきが必要です。

夜中に降り積もるので、毎朝雪かきをすることになります。

たまにドカ雪が降ると1時間以上かかることも。

しっかり除雪しないと車が駐車場から出られなくなることもあるので、集合住宅に住んでいる人は総出でやります。

また、秋田市内の除雪は汚く、路面がガタガタで車の運転も歩くのも大変です。

県南の豪雪地帯、横手市などは除雪が綺麗です。

自治体の予算などもあると思いますが、同じ秋田県内でも除雪レベルが違うのは衝撃でした。

車が必要になる

電車の本数は都会に比べると少ないです。

最初来た頃は衝撃を受けたほど少ない(笑)

1時間に1本は当然。

しかも2両編成です。

バスの本数は中心街では多いですが、少し外れるとほぼありません。

なので生活に車は必要になります。

雪国ですが大きな車で無く、軽自動車も多く走っています。

車の運転が大変

かなり慎重に運転をします。

油断すると滑りますし、ブレーキをいくら踏んでも止まらない時は焦ります。

私も何度かヒヤリハットを経験しましたが、幸い事故にはつながっていません。

そしてホワイトアウト!

恐怖です。対向車も良く見えません。とにかく車間距離を空けて慎重に運転するしかないです。

当然スタッドレスタイヤに交換しますので、費用もかかります。

暖房費が高い

オール電化の家に住んでいますが、冬は暖房費が高くなります。

逆に夏は熱帯夜になる日が少なく、窓を開けていれば涼しいです。

年間通してみれば東京に住んでいるとの変わらない料金(比較していないので分かりませんが)かもしれませんが、冬場の電気代は高いなと感じます。

東京まで遠い

帰省する時は本当に不便です。

新幹線で帰るとなると、東京駅まで早くて3時間半。

飛行機では1時間かかりませんが、便数が少ないです。

車で帰ると7時間かかります。

冬に帰ると、雪で足止めをくらう事もあり、本当に不便だなと感じます。

デメリットを逆手にとる発想

雪を楽しむ

雪は大変ですが、雪国だからこその遊びもあります。

パウダースノーですし、かまくらを作ってみたり雪だるまを作ってみたり、子供たちにとっては楽しめます。

ウィンタースポーツが好きな方は楽しめますね。

雪かきで良い汗を!

雪かきも面倒ですが、良い運動になると思ってやれば楽しめます。

意外と全身使うのでダイエットにもなりますね。

また、アパート暮らしでは他の住人とのコミュニティの場にもなります。

帰省もプチ旅行

東京までも遠いですが、車で帰ると所々のSAやPAに寄るもの楽しいです。

ご当地のものを食べたり、お土産を買ったりする楽しみもあります。

まとめ

個人的な感想になりますが、秋田で生活するには全く困りません。

ただ、雪国育ちでないと秋田の冬は辛いです。

雪が無ければ良いなとは思いますが、春夏秋冬の四季を強く感じる事が出来ます。

春が来るのを楽しみに思えたのは人生で初めてかもしれません。

子育てもしやすいので、ファミリーで移住を考えている方にも良いと思います。

リモートで仕事が出来たり、働き方が自由になれば移住も良いかと思います。

しかし、両親と離れ離れになるのは心配なので、将来的なところも含めて検討した方が良いですね。

地方移住を考える方の少しでもお役に立てればと思います。

秋田県への移住に興味を持たれた方は、こちらのサイトも是非ご覧ください!

「秋田暮らし はじめの一歩」 https://www.a-iju.jp/