【仕事が遅いと言われる人必見!】仕事が遅いを改善する習慣を身に付け、人生を充実させよう!

どの職場にも仕事が早い人、遅い人いますよね。

当然ですが、仕事が早い人の方が印象が良いです。

RYO
RYO

私はいつも仕事を後回しにすることがよくありました。

周りにも迷惑をかけていたと思います。

行動が早くなる習慣を身に付けて、人生を充実させていきましょう!

仕事が早い人の特徴

  • レスポンスが早い
  • 計画性がある
  • 周囲とのコミュニケーションが取れる
  • 一つずつ終わらせる
  • まず行動する

レスポンスが早い

仕事を依頼すると、レスポンスが早いです。

完成度がそこまで高くなくても、こんな感じで良いですか?といったレスをくれます。

仕事が遅い人は完成度を気にして時間をかける傾向があります。

レスが遅いと依頼側も不安になり、次からは依頼するのをやめようと考えます。

計画性がある

計画を立てて仕事をしているので余裕を持って仕事を進めています。

仕事が遅い人は計画性が無く、その場しのぎで仕事をして後回しにしがちです。

結果、仕事に追われ、時間が無いという感覚に陥ります。

周囲とのコミュニケーションが取れている

周りとコミュニケーションを取りながら仕事を勧めます。

仕事が遅い人はコミュニケーションが少ないので、仕事がどこまで進んでいるのかが分かりません。

一つずつ終わらせる

マルチタスクが出来る人が仕事が出来そうなイメージがありますが、仕事が早い人は確実に一つずつ終わらせています。

仕事が遅い人は中途半端に取り組み、あれこれと手をつけて、結局終わりません。

まず行動する

仕事が早い人はまず仕事に取り組みます。遅い人はまず考えてから行動します。

仕事が早いメリット

信頼される

仕事が遅い人よりも早い人の方が印象は良いです。

頼んだことをすぐに仕上げてくれるので、周囲から信頼されます。

仕事の依頼が止まらない

仕事が早い人に依頼が集まります。

しかも信頼が高いので、あの人に頼んでおけば間違いない!という印象になります。

仕事を頼む側としても納期を守ってくれたり、それよりも早く仕事をしてくれるので、頼む側のスケジュール管理にも影響しないのもメリットになります。

成長する

仕事を沢山貰えるようになると、自身の成長にも繋がります。

経験談

私自身、仕事が遅い人間でした。

言われたことを後回しにする癖が抜けず、月末まで仕事を残していることもありました。

そして言い訳をするんです。

「時間が無いから」「忙しいから」と。

家に持ち帰って仕事をしていたこともありました。

よくよく振り返ってみると、時間は沢山あったんですね。

しかし言い訳をしてやってませんでした。

転機は結婚です。

家に帰っても仕事はしたくないですし、子供がいればなおさらです。

後回しにせず、すぐに対応する。

優先順位をつける、100%を目指さない。

少しずつ意識していく事で状況はがらっと変わりました。

今では仕事に追われている状況はありません。

急な仕事を振られてもすぐに対応できる余裕が出来ました。

以前の私からは考えられません。

しかし、意識することで誰でも変わることが出来ると思ってます。

意識する事

  • まず取り掛かる
  • 100%を目指さず、早さを意識
  • コミュニケーションを積極的に取る

まとめ

  1. 仕事が早いと印象がよくなる
  2. 時間に余裕が出来る
  3. 仕事以外の時間も充実する

早く行動することで仕事に追われるのでなく、仕事を追う立場になりましょう!

時間を作り出せば、充実した人生を過ごせます。

是非、こちらの記事もご覧ください。